三井不、住友不など大手不動産株が軟調、利益確定売りに押される

 三井不動産<8801.T>や住友不動産<8830.T>が軟調な展開にある。大手不動産株は日銀の追加金融緩和への期待からここ大きく水準訂正したきた。三井不の場合、9月6日の直近安値1445円から11月22日の年初来高値1798円まで24%の上昇になっている。このところ円安基調から物色の中心が自動車などの輸出主力株に移っていることもあり、いったん利益を確定する売りが優勢になっている。

三井不の株価は14時34分現在1712円(▼33円)。
住友不の株価は14時34分現在2266円(▼34円)。