今週は、いったん目先高値に注意も

今週は、まずは目先の上値抵抗ゾーンの9500円水準を試す動き
 先週の予測では、次期政権の可能性が高い自民党の日銀への金融緩和圧力を下支えに戻りを試す展開が想定されるとしました。但し、外部環境を考えると9月19日の9288円を一気に突破するのは難しいという見方でした。  ところが、自民党が11月21日(水)の政権公約で「2%の物価上昇率目標に、政府と日銀が政策協定を結ぶ」としたことで大胆な金融緩和期待から82円台半ばまでの一段の円安進行となり、22日(木)は△144の9366円と9月19日の9288円を一気に突破する上昇となりました。チャートでは、5月上旬に窓を空けて急落した窓の下限に到達し、今年の6月4日の8238円からの短期上昇トレンド(B)の上値斜線に到達しています。
 今週も更に円安推移となれば9500円水準までは戻りを試す可能性があります。そうでなければ、10月15日の8488円の安値から22日(木)の9366円まで10%強の上昇となっており、利益確定売りが膨らんで、一旦調整した後に9500円を目指すことも考えられます。下げれば、目先は9000円水準が下値のメドというところです。  26日(月)は、23日(金)のNYダウの13000ドル台のせと為替が1ドル=82円台半ばの動きとなっていたことで△99の9466円で寄り付き9487円まで上昇(日経先物は9500円に到達)したものの、その後は利益確定売りとなって△22の9388円で引けました。