【ドル&GOLD】過熱感強まるも、円安基調の修正は困難

円建て金相場の上昇ペースが加速
ドル/円相場は、4月上旬以来のドル高・円安水準となる82~83円水準まで値位置を切り上げる展開になっている。引き続き日本の政権交代に伴い日本銀行の緩和姿勢が強化されるとの思惑が強く、ドル高というよりも円安圧力が継続している。81~82円水準で円安圧力が一服する場面も見られたが、リスク投資全体の地合改善も重なったことで、過熱感が指摘されながらも円相場は一段安になっている。

12月の衆議院選挙後に政権復帰する可能性が高い自民党は、21日に政権公約を発表した。そこでは、「欧米先進国並みの物価目標(2%)を政府・日本銀行のアコード(協定)で定めるとともに、日銀の国債管理政策への協調などにより大胆な金融緩和策を断行」と明記されている。他に日銀法の改正や「官民協調外債ファンド」の創設なども主張されている。野党などからは日銀の独立性への懸念なども表明されているが、実際にこれらの政策が導入されれば円に対しては強力な押し下げ要因になるのが必至であり、マーケットは素直に円売りでの反動を継続している。

詳細については分からないことも多いため、円安の行き過ぎを指摘する声も強くなっているが、こうした状況下では円の戻り余地は限定されよう。ポジション調整が進んでも、81円水準でドル/円相場はサポートされる可能性が高い。

一方、今週から米下院で「財政の崖」を巡る協議が本格化することになる。マーケットは、大統領と議会が協調姿勢を見せていることが好感されているが、富裕層向け減税の打ち切り、歳出削減などではオバマ大統領と共和党の対立は崩れていない。上下院で多数派がことなる「ねじれ議会」の中、再び「財政の崖」をクローズアップする動きが見られれば、一時的にドル買い・円売りポジションが巻き戻される可能性はある。

ドル建て金相場は、他資産価格に連動する形で地合を引き締め、10月18日以来の1,750ドル台乗せになった。引き続き他資産価格とのバランスが重視されており、完全に「リスク資産」としての売買が主体になっている。1,700ドル水準で現物筋の物色意欲の強さが確認されていることで、当面のボトムは確認したとの見方も買い安心感に直結している。10月にブラジル中央銀行の大口買い付けが確認されたこともあり、リスク投資環境の地合と連動しつつ、戻りを試す展開が続く見通し。

円建て金相場は9月下旬以降のボックスを上方ブレイクし、2月下旬以来の高値を更新している。1円の円安・ドル高で円建て金相場は55円程度上昇する計算であり、ドル建て相場との比較でも円建て相場は強含み易い環境にある。