円安一服で目先調整

昨日の窓埋めから
まずは昨日空けた窓を閉めてからの動きとなりそうです。一昨日のレンジ下も窓が空いている状況ですので、短期トレード的にはここまであれば妙味が出ます。しかし、本日中には厳しいと思われます。基点となりますのは、先物ベースでの9380辺りと見ていますが、そこにつかず離れずの展開ならば、妙味なしとなります。CMEはドル経て9400ですので、9380辺り、窓端も併せて、やはりその辺りからのブレという事になりそうです。為替が思いのほか動きが出るようですと、当然、意外高安に結びつきますので注意は必要です。目先調整色は出てよいところですので、その辺りが短期トレードにおいても重要なファクターです。