東映が反発、三菱UFJMSが目標株価引き上げ

 東映<9605.T>が反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が26日付でレーティングを「アウトパフォーム」継続、目標株価を570円から620円にまで引き上げた。ワンピースなどのキャラクター提供(版権)事業だけでなく、聖闘士星矢などの自社開発・運営事業を開始しSNゲーム事業が急拡大していることを指摘、今3月期予想を連結営業利益で会社側計画の103億円から同証券では109億円から114億円(前期比8.7%減)に増額している。

東映の株価は10時33分現在433円(△8円)。