パナソニックが続落、関電値上げでコスト負担を懸念

 パナソニック<6752.T>が続落。前日はフィッチ・レーティングスによる格下げに上値を圧迫されたが、きょうは関西電力が電気料金値上げを申請したことで、コスト負担増加が懸念された。パナソニックは年間約500億円の電気料金を支払っており、うち関電管内の負担が6割を占め、単純計算で今回の値上げによるコスト負担増は約60億円になるという。
 
パナソニックの株価は11時14分現在403円(▼3円)