任天堂が反落、「Wii U」が米国で40万台を突破も日本での発売控え様子見

 任天堂<7974.OS>が反落。この日の日本経済新聞で任天堂の岩田社長が米国で先行販売した「Wii U」に関して一週間で40万台を突破、欧州や日本でも予約はほぼ一杯とコメントしたことが報じられた。年明け以降も販売の勢いを継続させるべく対応ソフトやネットサービスの拡充に力を入れることも報じられているが、円安の一服や12月8日の日本での販売動向を注視すべく様子見の動きとなっている。

任天堂の株価は11時8分現在1万300円(▼90円)。