住友鉱は堅調、野村証が目標株価を1115円に引き上げ

 住友金属鉱山<5713.T>は堅調。一時、前日比16円高の1075円まで買い進まれている。野村証券が27日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながら、目標株価を従来の970円から1115円へ引き上げたことが好感されている。
 リポートでは「菱刈鉱山(鹿児島県)での金の生産量が14年3月期以降に減少することが明らかにされたが、当面の金価格は高水準で推移すると見込まれるほか、フィリピンでのニッケル製錬プロジェクトなどが寄与するため、14年3月期、15年3月期と経常利益は増益基調を維持できるであろう」としている。

住友鉱の株価は、11時30分現在1068円(△9円)