中国1~10月の工業利益0.5%増、10月単月の伸び顕著

 中国国家統計局は27日、12年1~10月期の利益が前年同期比0.5%増の4兆240億元だったと発表。足もとは景気回復基調が確認され、中国経済のソフトランディング期待が強まってきた。中国経済に詳しい市場関係者の間でも「(工業利益伸び率を)単月でみると、10月は20.5%増と9月の7.8%増から大幅な伸びが確認されていることが大きい。市場コンセンサスとして7~9月期の最悪期を脱して、10~12月期は改善が見込まれているが、10月の伸びが顕著だったことでその方向性を裏付けるものとして前向きに評価できる」(東洋証券投資情報部シニアストラテジストの奥山要一郎氏)という見方が出ていた。