ヤマハ発が大幅反落、円安一服で利益確定売り

 ヤマハ発動機<7272.T>が大幅反落、下落率は一時6%を超えた。同社は二輪車が主力で欧米、アジアなどにグローバル展開している。そのため業績への為替の影響が大きく、12年12月期の想定為替レートが1ドル=78円、1ユーロ=102円で、このところの円安傾向を好感して株価は11月14日の直近安値722円から11月26日の高値903円まで約25%上昇していた。きょうは円安が一服していることから、いったん利益を確定する売りが膨らんでいる。

ヤマハ発の株価は12時43分現在837円(▼47円)。