<後場の注目銘柄>=タダノ、クレーン需要拡大に乗る

 タダノ<6395.T>が中段もち合いにあるが、上放れの機をうかがっており、下値をマーク。640円近辺にある上値のフシを払えば、信用買い残の重荷がないだけに、一気に700円台指向となる可能性十分だ。

 同社は建設用クレーン大手。国内は復興需要の立ち上がりや、耐震補強・減災対策工事需要に加え更新需要もあり、クレーン販売が大きく伸びている。また、海外でも北米や豪州などでエネルギープラント建設用のクレーン需要が急増中だ。13年3月期の連結経常利益は上方修正され、前期比30%増の75億円の見通しだが、再増額される公算が大だ。

 自民党が政権復帰となれば、公共投資増思惑からの人気が波及も。