<私の相場観>=立花証券・顧問 平野 憲一氏

 年内の相場は上値トライの形だが日経平均株価で9450~9650円のゾーンが当面のメドになろう。このゾーンは今年5月の連休前に大きく下げる前の水準で、大きな抵抗帯になっていることや、短期波動でも10月12日から10月25日までの上げ幅521円を10月25日の高値に乗せた水準が9576円でこのゾーンが上値の関門となろう。

 また、米国株式もNYダウで高値の1万3600ドルから1000ドル下げた自律反発局面で方向感はなく「財政の崖」問題も簡単には解決しないとみており、1万3100ドルの上値抵抗ラインもあって、ここから先はもみ合い展開だろう。

ただ、年内に日銀が追加金融緩和を実施し、円安が一段と進み、またNYダウも高値意識の展開になればゾーン突破の可能性がある。その場合はキヤノン<7751.T>、トヨタ<7203.T>など輸出関連株が買われよう。逆に円高反転となり9000円割れの展開になればショーボンド<1414.T>やアインファーマ<9627.T>など現在売られている内需系好業績株が物色対象となろう。