エスバイエルが続伸、新たな戦略へ期待高まる

 エス・バイ・エル<1919.T>が続伸、出来高を伴い130円台に乗せてきた。ヤマダ電機<9831.T>傘下で再建を進めており11月1日には工務店市場向け分譲(ミニ分譲)事業へ本格化参入、26日には10月に本格的に開始した賃貸住宅事業ブランド「St’LOUE(セントロイエル)」の、第2弾商品として、3階建賃貸住宅新商品「albeux(アルベーユ)」の販売を12月1日より開始することを発表しており、新たな戦略への期待が高まっている。

エス・バイ・エルの株価は13時40分現在131円(△6円)。