ダイワボウHDが高い、インフルエンザ関連としてテーマ買い継続

 ダイワボウホールディングス<3107.T>が反発、一時前日比7円高の168円まで買われた。
 ここ最近、急速な気温の低下でインフルエンザ対策への関心がにわかに高まっている。全般相場は底上げ展開も、個別には手がかり材料に事欠く状況下でインフルエンザ関連が新たなテーマとして意識されている。そうした中、同銘柄やシキボウ<3109.T>などマスクの生産販売を手掛ける企業に引き続き物色資金が向いているようだ。

ダイワボウHDの株価は13時57分現在167円(△6円)。