オルガノが底堅い、インドネシアで水処理の合弁事業開始

 オルガノ<6368.T>が底堅い。26日引け後にインドネシアで水処理の合弁事業を開始すると発表。同社は水処理の総合エンジニアリング企業で海外では中国、台湾、マレーシア、ベトナム、タイ、シンガポールのアジア諸国に現地法人を設立、順次事業基盤を整備しており、アジア新興国の成長を取り込んでいる。インドネシアでは国内有数の大手化学メーカーPT Lautan Luas Tbk社(以下PT社)と合弁事業を推進。PT社の水処理薬品とオルガノグループのエンジニアリング技術を融合して、広範囲に水処理事業を展開する。

オルガノの株価は14時10分現在500円(△4円)。