セガサミーHDが反落、SMBC日興が目標株価を引き下げ

 セガサミーホールディングス<6460.T>が反落。SMBC日興証券が26日付で投資評価「1」を継続しつつ、目標株価を2000円から1850円に引き下げたことが観測されている。主力製品である遊技機(パチスロ機、パチンコ機)の販売台数見通しを見直し、13年3月期から15年3月期の業績予想を下方修正したことが目標株価引き下げの要因。13年3月期の連結営業利益予想を680億円から415億円に、14年3月期を同750億円から655億円に、15年3月期を同777億円から710億円にそれぞれ減額。ただし、13年3月期の業績悪化の主要因であるパチスロ機発売スケジュールの遅れは徐々に解消に向かう見通しで、14年3月期には業績急回復が見込めることなどから、投資評価は「1」で継続している。

セガサミーHDの株価は14時33分現在1365円(▼45円)。