九州電が反落、13年3月期の最終赤字と無配転落を発表

 九州電力<9508.T>が反落。きょう13時40分に未定としていた13年3月期の連結業績見通しを発表。最終損益は3650億円の赤字(前期は1663億円の赤字)とし、配当は無配(前期は50円)とした。原子力発電の運転停止に伴う火力燃料費や購買電力料の増加が要因。また、同時に来年4月からの電力料金の引き上げ申請も発表。家庭用で8.51%、企業用で14.22%引き上げる。株価は朝方、利益確定売りから前日比62円安の750円まで売られたが、その後切り返し後場には前日比3円高の815円まで戻したが、最終赤字の発表後は軟調な展開にある。

九州電の株価は14時41分現在796円(▼16円)。