ハザマが続伸、ダムやトンネル工事の実績と放射性物質減容化技術にも関心

 ハザマ<1719.T>が続伸、後場に入り前日比8円高の197円まで買い進まれた。ダムやトンネル工事に高い実績を持ち、放射性物質を含んだ焼却灰の減容化技術を確立していることから、公共投資・復興関連銘柄として根強い人気を集めている。来年4月に安藤建設との合併を控え、規模拡大による事業展開力強化への期待も強い。

間組の株価は14時41分現在196円(△7円)。