洋インキが4日ぶりに反落、利益確定売りに押される

 東洋インキSCホールディングス<4634.T>が4日ぶりに反落。合理化効果でインキ事業の採算が改善していることやスマートフォン関連の部材販売の好調を要因に、13年3月期の連結経常利益が前期比19%増の160億円と好見通しにあることで、株価は見直し買いの流入で11月12日の直近安値285円から11月26日の年初来高値362円まで約3割近く上昇していた。そのためきょうはいったん利益を確定する売りに押される展開にある。

東洋インキの株価は15時現在336円(▼17円)。