28日の東京株式(寄り付き)=米株安を受け5日ぶり反落

 28日寄り付きの東京株式市場は、前日27日の米株安を受け5日ぶりの反落となっている。寄り付きの日経平均株価は、前日比47円82銭安の9375円48銭。27日の米国株式は、NYダウが前日比89ドル安の1万2878ドルと続落、ナスダック総合指数は7営業日ぶりに反落した。減税失効と歳出削減が重なる「財政の崖」問題について、与野党での協議が再開されたものの、先行きへの警戒感が強く相場の重しとなった。また、外国為替市場でもやや円高・ドル安傾向の推移となっている。
 個別銘柄では、トヨタ、アイフル、東芝、電化、パイオニアが売られている。半面、DeNA、旭硝子、味の素、ジンズメイトは買われている。なお、27日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けたと発表したサクラダ<5917.T>は大量の売りものでウリ気配となっている。