◎28日前場の主要ヘッドライン

・サクラダがウリ気配、破産手続きの開始決定で12月12日に上場廃止
・オプトは大幅反発し年初来高値更新、1対200株の株式分割を発表
・ヒューリック急落、公募増資嫌気し前日比11%下落で寄り付く
・シノケンGストップ高カイ気配、12年12月期連結業績の上方修正を好感
・スクエニHDが大幅反落、「ドラクエ10」の無料レンタルに不安感
・アイロムHD一時S高、独占販売権売却で今3月期連結最終利益を上方修正
・リアルが連日の年初来高値更新、シスウェーブが株式を追加取得
・小津産業はストップ高カイ気配、放射性セシウム吸着布の量産技術開発報道
・セブン&アイ小反落、小売国内最大規模のWi-Fiサービスも地合い悪で
・フェローテックが急反落、JCRが長期発行体格付けを「BB+」へ引き下げ