ジャックスが朝安の後切り返す、業績拡大へ期待増幅

 ジャックス<8584.T>が朝安の後切り返している。26日にインドネシアの二輪車販売金融事業に参入すると発表したことが材料視されている。インドネシアは2億4000万人と世界第4位の人口を擁し、今後の経済成長と内需拡大が期待され、すでに二輪車の年間販売台数は2011年現在で800万台超と日本の約20倍の巨大マーケットに拡大。新興市場の成長を取り込むことで中期的な業績拡大が期待されている。パートナーのミタラ・ピナスティカ・ムスティカ社は現地有力企業グループで、傘下の二輪社販売金融を行うササナ・アーシャ・ファイナンス社の株式40%を取得、日本国内やベトナムで培った販売金融事業のノウハウを提供しながら現地事業を拡大していく。

ジャックスの株価は12時48分現在318円(△3円)。