東急不が新高値、業績上ブレ観測で売り方が買い戻し

 東急不動産<8815.T>が続伸、一時前日比16円高の490円まで買い進まれ、年初来高値を更新した。首都圏のオフィス空室率改善は予想以上に早く、業績予想は上ブレの可能性が指摘され、渋谷再開発への期待も強い。証券各社の投資判断、目標株価の引き上げが相次ぎ、売り方の買い戻しも株価を押し上げている。

東急不動産の株価は13時30分現在482円(△8円)。