合同鉄、東製鉄など電炉株が安い、電力料金値上げで収益悪化懸念の売り

 合同製鉄<5410.T>や東京製鉄<5423.T>がともに続落するなど電炉株が安い。きょうも九州電力の料金値上げ申請や東北電力も値上げ申請の方針などが報道され、電力各社に値上げの動きが広がっている。電炉メーカーは電気を使って原料の鉄スクラップを溶かして、鋼材を生産しており、電力コストの増加が収益に大きく影響する。そのため収益悪化を懸念した売りが出ている。

合同鉄の株価は14時37分現在133円(▼9円)。
東製鉄の株価は14時37分現在283円(▼16円)。