アインファーマシが第2四半期累計決算を発表、営業利益は12%減益に

 アインファーマシーズ<9627.T>が取引終了後に第2四半期累計(5~10月)連結決算を発表し、売上高750億9000万円(前年同期比9.1%増)、営業利益42億900万円(同12.0%減)、純利益21億3700万円(同9.6減)となった。調剤薬局の新規出店や医療モールの開発を進めるなどして売上高は増加したが、医療モールの開業前コストや新店の定着患者数不足、また、ドラッグストアの客単価の低下などで利益は伸びず、減益に終わった。なお、13年4月期通期では、売上高1575億円(前期比10.3%増)、営業利益115億1000万円(同12.3%増)、純利益60億1000万円(同22.7%増)と従来予想を据え置いている。

アインファーマシの株価(大引け)は4525円(△45円)。