あす(29日)の為替相場見通し=1ドル81円台での戻りを試す展開か

 29日の東京外国為替市場の円相場は、円の戻りを試した後はもみ合いが見込まれる。予想レンジは1ドル=81円60~82円20銭、1ユーロ=105円20~106円30銭。28日は対ドルで81円台へ上昇、対ユーロでも105円台と10日ぶりに反発した。急激な円安に対する反動局面に入っており、「円ショートの巻き戻しの動きが出ている」(市場関係者)との見方がある。特に、対ユーロでの円安は急ピッチだっただけに、円は105円台前半まで上昇する可能性もある。この円売り・ユーロ買いが、対ドルにも波及し、81円台半ばへの円高も予想される。ただ、円安基調は強く円買い一巡後は、対ドルでは81円台後半でのもみ合いとなりそうだ。米10月の新築住宅販売などが注目されるが、強含みの数字が出た場合は、ドル高・円安要因となる。