IMJは事業売却で特別利益発生

 アイ・エム・ジェイ<4305.OS>は28日取引終了後に同日開催の取締役会で広告代理事業をGMO NIKKO(本社=東京都渋谷区)に事業売却することを決議したと発表した。今後の中核事業としてデジタルマーケティングに経営資源を集中することが目的で、経営効率化を図り機動的な事業運営を行う。譲渡期日は来年1月1日で、4億6000万円を現金決済。売却益を全額特別利益として今13年3月期連結決算に計上する。広告代理事業の前12年3月期売上高は19億2700万円で、業績予想に修正の必要が生じた場合は速やかに開示するとしている。