<株式トピックス>=〝師走のIPO祭り〟12月に新規上場14社が集中

 にわかに活況となってきた東京株式市場だが、師走の12月にビッグイベントが控えている。それは「12月にIPO(新規上場)が14社も集中する」という、〝師走のIPO祭り〟とも言うべき1カ月間かけてのロングランのイベントだ。
 12月6日の、ソーシャル婚活メディアを中心とした各種婚活サービスの運営及びライフデザインメディア事業を展開するIBJ<6071.OS>を皮切りに、14日の居酒屋を中心とした飲食店の運営およびフランチャイズチェーンを展開するチムニー<3178.T>、19日のGPS・インターネット・携帯電話パケット通信網等のインフラストラクチャーを利用した移動体管理システムの通信・アプリケーションサービスの提供及びシステムの開発・販売を手掛けるモバイルクリエイト<3669.T>、21日の住宅地盤の調査、解析及び地盤品質証明サービスを提供している地盤ネット<6071.T>など魅力的な企業が目白押しの状態だ。
 これらのIPO銘柄への投資は当然盛り上がることが予想されるが、〝師走のIPO祭り〟は、東証1部も含めて株式市場全般のムードを暖める効果が期待できそうだ。恩恵を受ける証券株にも注目したい。