【買い】DeNA<2432>は2ヶ月間の調整期間中、ガンホーは3倍へ、DeNAの調整は最終局面?=ライジングブル藤村

DeNAが1.7倍に上昇後、ガンホーが3.3倍に上昇、エイチームが2.7倍に上昇と順番に高値をつけ調整を入れました、次に来る大化け銘柄は?
10月11月は7月から9月までの上昇一辺倒とは違い、何度か下値を試す展開に入り、2600円を挟んだ動きが続き2ヶ月以上調整しておりましたが、再度9月高値2905円を目指すでしょうか?2ヶ月の調整は1600円から2900円まで1.7倍に上昇したあとだけに健全な調整といえそうです。米国で10/18にリリースした「マーベルウォーオブヒーローズ」は「神撃のバハムート」を上回るヒットになるのか?注目されます。

11月下旬からNTTドコモによるSNSゲームサイトへの参入が、どうゆう影響を及ぼすのか注目されます。スマートフォンでもガラパゴス化を進めるドコモと世界展開を視野に入れたDeNA(2432)、強力なライバル出現となりますがここでの売買判断は売りか?買いか?保有持続か?

DeNAは1650円から一貫して買いをお薦めしてきましたが、このポイントでの売買は銘柄の入れ替え含めてパフォーマンスを大きく左右する判断になるのではないでしょうか?

1671円から64回目の買い予想中。8/1買い予想時の株価1671円から9/20高値2909円まで74%上昇後、2か月以上休憩しています。DeNAが一服している間にガンホーやエイチームが続々と3倍となり9月10月の値幅取りの主役は交代しました。11月もガンホーは1.5倍となりました、今後はどうでしょう?

DeNAに関しては1600円から1800円の間と2200円前後、2400円台で何回も買いを予想したので購入された方も多くいらっしゃいましょう。株の最大の魅力は値幅取り。一気に情勢を変えるチャンスを今後も提供できるようにしたいと思っています。

米国ではレージオブバハムート(神撃のバハムート)が北米のiphone、アンドロイドで売上ランキング1位を記録。ほかのゲームも自社ゲーム、他社ゲームを続々とリリース中。自社ゲームでは特に「Blood Brothers」は要注目。サードパティゲームでは「マーベルウォーオブヒーローズ」も要注目。日本のSNSゲームはいよいよ世界へ?

スピード調整一巡後の動きは?

同じDeNAの購入者でも、1700円台で購入できた人と2700円台で購入した人とでは今の心理は全く異なります。大化け銘柄はなるべく早めに購入することが重要、今後も9月10月11月のようにDeNAではなくガンホーなどが主役?それとも?