ソニーが堅調、電池事業の売却報道を材料視

 ソニー<6758.T>が堅調。29日付の日本経済新聞が「ソニーが電池事業の売却を検討していることが28日にわかった」と報じたことを材料視した買いが先行。株価は前日比7円高の810円まで買われている。「台湾の鴻海精密工業や国内外のファンドなどと交渉に入り、韓国勢との競争が激しいリチウムイオンなど電池事業を切り離して事業の集中を進める狙い」と伝えており、不振の続くエレクトロニクス事業の収益改善につながるとみた向きの買いが入っている。

ソニーの株価は9時30分現在805円(△2円)。