コーセルが切り返す、下方修正発表も織り込み済み

 コーセル<6905.T>が続落スタートしたが切り返してきた。28日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(5月21~11月20日)連結業績について、従来予想の売上高98億7000万円、経常利益15億7000万円を下回り、それぞれ89億2000万円(前年同期比15.0%減)、14億1500万円(同34.1%減)で着地しそうだとの下方修正を発表した。欧州の債務問題に起因する海外経済の減速や円高基調を受けて電子部品需要が想定を下回っていることから受注が予想を下回っていることが要因としているが、事業環境の悪化は株価に織り込み済みとの見方も出ており、アク抜け感から見直しの動きにつながっているようだ。

コーセルの株価は9時32分現在1045円(△5円)。