富士フイルムHDが反発、初の普通社債発行も評価

 富士フイルムホールディングス<4901.T>が反発。株価は、一時前日比39円高の1486円まで買われた。為替相場は対ドル・ユーロで円安に動いており下値を拾う動きが強まった。また、同社は27日、初の普通社債(総額1300億円)を発行。2013年3月に満期を迎える1000億円のユーロ円建て転換社債(CB)の償還資金のメドを付けたことを評価する声も出ている。

富士フイルムホールディングスの株価は10時41分現在1482円(△35円)