新興市場(前引け)=ジャスダック平均は10日続伸、東証マザーズ指数も3日続伸。

 29日の新興市場で日経ジャスダック平均は10日続伸、東証マザーズ指数は3日続伸。
 日経ジャスダック平均は前日比5円60銭高の1363円53銭。USシステムズ、フォンツHDがストップ高となり、メガネスーパー、山田コンサルが続急伸、レーサムも急反発となりfonfun、C&R社、GFA、ジェイアイエヌも大幅高となり、オンキョーや楽天も買われた。半面、サニーサイド、ハブ、シスウェーブが大幅安、ジャストシステム、テラ、エスコンも軟調。
 東証マザーズ指数は前日比3.11ポイント高の395.20。YAMATOがストップ高となり、フライトが続急伸、リミックスポイント、エムアップ、豆蔵、アクロディアも大幅高となり、スカイマークも反発。半面、リアルビジョン、アドウェイズが急落、ファステップス、インテアHD、そーせいグループ、総医研も値を崩した。