◎29日前場の主要ヘッドライン

・中山鋼は3日ぶり反落、私的整理と伝わり売りが先行
・セイヒョー大幅高、13年2月期の期末配当3円復配を好感
・テクマトが急伸、自社株買いと東証第1部への指定申請発表を材料視
・ドワンゴ年初来高値、「ニコニコ動画」での党首討論開催決定で関心
・デイ・シイが大幅反発、公共投資増思惑人気が波及
・レッグスはS高カイ気配、株式分割と単元株制度採用を好感
・富士フイルムHDが反発、初の普通社債発行も評価
・古電池がS高カイ気配、金属空気電池の大容量化技術を開発と報じられる
・ヤマダ電は年初来安値更新、収益不透明感強く下値模索続く
・タツタ線が急反発、調整一巡感から買いが入る