野村不HDが続落、クレディスイスが投資判断引き下げ

 野村不動産ホールディングス<3231.T>が続落。クレディ・スイス証券は28日付で不動産セクターの投資判断「オーバーウエート」を強調しつつ、野村不HDの投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」へ引き下げている。目標株価は1550円継続。今後3年間は増益を達成しようが、第2四半期決算発表時に公表された中長期経営計画では、17年3月期からの利益成長を想像しにくい内容と指摘。長期的な利益成長の実行可能性と財務比率を含めた資本政策の明確な説明などを要求したいとしている。

野村不HDの株価は13時56分現在1432円(▼33円)。