ニコニコ動画で与野党党首討論

安倍自民総裁の発言は?
今晩、インターネット動画サイト「ニコニコ動画」で野田首相と安倍自民党総裁の公開討論が中継されます。

これまで「ニコニコ動画」で政治家というと、国民の生活が第一の小沢一郎元代表がインタビューに答える形で出演していたイメージが強いのですが、その媒体に野田首相が出演するというのでちょっと驚きました。

アメリカ大統領選挙などを見ていると、候補者同士のテレビ討論が投票を大きく左右します。ただ、それは大統領を選ぶ選挙だからこそ意味があるのではないでしょうか。日本の政治のシステムを考えると、総理大臣(=党首)の政治的な考え方というのはもちろん政府や党の考え方を大きく左右しますが、あくまでも政党の代表者という立場ですので、政党内でのコンセンサスがなければ何も決定できません。

安倍自民党総裁は、衆院解散後経済政策特に日銀に関して過激とも取れる発言を繰り返しています。しかしここ数日の発言を見ていると「政策目標にどうやって到達するかは中央銀行が独立性を持って決める」などとトーンダウンしてきていることや、石破自民党幹事長が「極端な円安は決して日本経済に良いことではない」と述べたりして、当初の発言を修正している模様です。これは想像ですが、自民党内でも日銀による極端な緩和や円安政策への期待が高まりすぎることに警戒感が出てきているのではないでしょうか。

今日の「ニコ動」党首討論で安倍総裁がどのような発言をするのか、以前のようなはっきりした発言をするのか、それともトーンダウンした発言をするのかが注目です。もし全体的にトーンダウンした様子なら、円安の流れに水を差すことも考えられます。