あす(30日)の為替相場見通し=1ドル82円ラインの攻防となるか

 30日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=82円ラインの攻防が続きそうだ。予想レンジは1ドル=81円80~82円30銭、1ユーロ=105円90~106円80銭。中長期的な円安期待は強いが、目先では円安の利食いの動きもあり、83円台乗せには、新たな材料が欲しいところ。その意味でも29日夜に開催され野田総理と安倍自民党総裁が参加するネット党首討論会の内容は注目される。アルゼンチンにデフォルトの可能性が出ておりユーロへの影響が気になるが、いまのところ不透明要因が大きい。30日は10月全国消費者物価指数や鉱工業生産速報、海外では米10月個人所得・支出などが発表される。ただ、いまの日本円の値動きは「ファンダメンタルズより政局動向」(市場関係者)に左右される。安部氏の発言などによるが、しばらくは急激な円安後の一服場面となることも考えられる。