29日のNY株式市場の概況 財政の崖問題回避に期待し続伸

 29日のNY株式市場は、NYダウが1万3021.82ドルの36.71ドル高と続伸、ナスダック指数は3012.03ポイントの20.25ポイント高と続伸した。この日は大幅減税の失効と歳出の強制削減が同時に起きる「財政の崖」問題の行方で相場は揺さぶられた。朝方は買い先行の堅調な展開だったが、共和党のベイナー下院議長の与野党協議は進展していないとの発言が伝わるとNYダウは下落に転じ、一時マイナス圏での推移となった。その後、民主党のリード上院院内総務が問題解決に自信を示したと伝わると、NYダウは買い戻されて、結局、NYダウは1万3000ドル台を回復し、11月6日以来の高値で取引を終えた。ハイテク株比率の高いナスダック指数は買いが先行する堅調な展開で、こちらも11月6日以来の3000ポイント台を回復し、1日以来の高値で取引を終えた。