ミクシィが急反発、ネット関連の一角が人気、ドイツ証では業績予想を上方修正

 ミクシィ<2121.T>が急反発。内需好業績関連株が人気化する中、新興市場のネット関連の一角にも資金が流入しており、国内SNS大手の同社も人気化している。ドイツ証券では投資判断「ホールド」、目標株価17万2000円を継続しつつ、13年3月期の営業利益を28億円から31億円に、14年3月期を同28億円から37億円に上方修正している。ソーシャルゲームで開発基盤をディー・エヌ・エー<2432.T>に揃え、来期から売り上げ拡大が容易になった可能性があると指摘している。

ミクシィの株価は11時30分現在19万1200円(△1万4900円)。