<私の相場観>=岩井コスモ証券・投資調査部副部長 有沢 正一氏

 国内政局に閉塞感が強まる中で突然、降って湧いた衆議院の解散・総選挙は市場に大きなインパクトを与えた。新政権による積極的な金融緩和策への期待を織り込みながら円安・株高の動きが進んだ。

 株式市場を取り巻く景色は一変した感がある。次期政権を担うことが有力視される自民党の安倍総裁は、日銀法の改正をも視野に入れた強力な金融緩和政策を言明しており、円相場や株式相場を刺激している。具体的に新しい政策が動き出すまでは〝はしゃぎ過ぎ〟は禁物なのだが、外国人投資家の買いがボリュームアップしており、一部では日本株を〝買わないリスク〟も浮上しているようである。

 米国の「財政の崖」問題にメドがついてくると、主力株への買いは勢いを増すだろう。さらなる円安の進行などを追い風にして日経平均が年内に1万円を目指すような可能性もありそうだ。
 ただ、個別物色おいては、新政権への期待などで決してはしゃぐことなく、好業績の出遅れ銘柄をじっくりと仕込んでいきたい。