大和工が反落、電力料金の値上げで収益環境悪化を警戒

 大和工業<5444.T>が反落。株価は前日比71円安の2201円まで売られている。関西電力をはじめ電力各社の値上げの動きが本格化しているが、H形鋼が主力の電炉大手である同社は、電力コストの上昇が収益悪化要因になるだけに、警戒した売りが出ているようだ。

大和工業の株価は14時2分現在2206円(▼66円)。