今夜の注目材料は? 

今夜の注目材料は? 
東京市場のドル/円は、買収に絡んだドル買い円売りが入ったとの噂が拡がり、82円50銭台まで上昇しました。

その後、一旦は82.30円台までジリ安となりましたが、夕方に入って再び上昇しています。

この後の動きについて、予定されている経済イベントを確認しつつ考えてみましょう。

11/30(金)
19:00  (ユーロ圏) 10月失業率
19:00☆ (ユーロ圏) 11月消費者物価指数・速報
19:00  (日) 外国為替平衡操作の実施状況(10月30日~11月28日)
21:00  (南ア) 10月貿易収支
22:30☆(加) 9月GDP
22:30☆(加) 第3四半期GDP
22:30  (米) 10月個人所得・支出
22:30  (米) 10月PCEデフレーター
23:45☆(米) 11月シカゴ購買部協会景気指数
※☆は特に注目の材料

材料の数は非常に多いですが、市場に与えるインパクトが大きそうなものはシカゴ購買部協会景気指数くらいでしょうか。

この他、米国の「財政の崖問題」、欧州債務問題についての報道が材料になってくる可能性があります。

また、週末・月末のポジション整理目的の大口の注文が入ることも考えられます。

値が飛ぶ可能性があるため、要注意です。