酒井重が上値指向、公共投資拡大に伴うロードローラー需要見込む

 酒井重工業<6358.T>が反発。明日に衆院選の公示を控える中、選挙後に比較第一党となる可能性の高い自民党が政権公約に10年間で200兆円規模の公共投資を掲げるなど、内需インフラに前向きな姿勢を示している。橋梁や道路の補修需要をにらみ、建設機械を手掛ける企業にも物色の矛先が向く中、ロードローラーで国内シェア7割を誇る同銘柄にも買いが向かっている。年初から5月にかけて株価を約2.5倍に急騰させた記憶も新しく、短期資金の流入で思惑高を演じやすい。

酒井重の株価は10時02分現在263円(△9円)。