NTNが商い伴い3日続伸、継続的な買い流入で底入れ色強まる

 NTN<6472.T>が3日続伸、株価は大底圏から出直る動きが次第に強まってきた。ベアリング大手で等速ジョイントは世界でも屈指の高シェアを誇るが、中国向けなどが厳しく、13年3月期は最終損益で70億円の赤字を見込むなど足元の業績は不振だった。株価も今年3月から直近11月中旬まで約8カ月にわたる下げトレンドを余儀なくされてきた。
 しかし、高値から時価は既に半値以下に沈んでおり、期中に人員削減に着手するとともに、不採算事業からの撤退などを発表し、14年3月期は60~70億円の最終黒字転換が試算されるなど、経営構造改革に大きく踏み込んだことを評価する買いが足元優勢となってきている。ここ最近はまとまった買い注文が継続的に入るようになり、出来高も増勢でファンド筋など特定資金の買いが観測されているようだ。

NTNの株価は10時37分現在176円(△5円)。