<クローズアップ>=漁獲枠10年ぶりに拡大、マグロに熱い視線(3)

 くらコーポレーション<3695.T>~関西圏地盤でロードサイド型の回転ずし店「くら寿司」を直営で展開、「皿カウンター水回収システム」などの導入で自動化でも先行している。11月16日からは「極上まぐろvsかにフェア」を実施するなど期間限定でマグロの商品企画も積極的に行っている。

 中央魚類<8030.T>~水産荷受で業界3位ながら築地の取扱金額でトップ。マグロの取り扱い量が高い。

 OUGホールディングス<8041.T>~大阪中央卸売市場の水産物卸売りを展開、和歌山や滋賀を含めて西日本を幅広くカバーし国内最大規模を誇る。大分県の関連会社でマグロの養殖事業も手掛けている。

 ニチモウ<8091.T>~漁網・漁具関連の大手で海洋事業と水産加工品を2本柱に事業を展開、マグロ漁が活発化すれば漁網・漁具の需要が活発化してくる。長年蓄積した技術ノウハウをもとに、「UC ネット(組紐無結節網)」を使用したマグロ養殖用生簀網を開発、居酒屋「さかなや道場」を自ら経営するなど幅広く展開している。