三和HDが年初来高値を更新、13年3月期業績の大幅伸長見通しで水準訂正

三和ホールディングス<5929.T>が反発。株価は前日比17円高の350円まで買われ、7月30日つけた345円を更新している。国内は震災の影響で止まっていた工事が再開されて工場やロードサイド店向けのシャッター需要が拡大。海外でも北米の子会社ODC社がガレージドアを展開し、このところの住宅市場の底入れによる需要回復が見込まれている。13年3月期連結経常利益は前期比61%増の132億円と大幅伸長の見込みにあり、水準訂正を期待した買いが先行している。

ハイデイ日高の株価は14時30分現在344円(△11円)。