シカゴIMMの円ショートが増大・・・・

2007年7月以来の高水準・・・・
 土曜日の朝に発表された、シカゴIMM通貨先物市場の投機的ポジションでは、円ショート(=円売り・ドル買い)が、79,466枚となり、2007年7月以来、5年4ヶ月ぶりの高水準に達していました。

 リーマン・ショック後、日米ともにほぼゼロ金利政策を採用している為、2007年当時の様な、「円キャリー・トレード」の強まりは期待するのは難しくなっています。この為、2009年以降、何度か、円ショートが5万枚を超える局面が見られましたが、その後、1ヶ月後から数ヶ月後にはポジション解消の動きが見られ、ドル円も反落基調を強める事となりました。

 先週金曜日にもドル円はそれなりの値幅で上昇し、シカゴ筋の円ショートも一段と積み上がった可能性があり、今の時点では、ポジション解消を期待するのも難しいのですが、早晩、その可能性は出てきそうです。

 その切っ掛けとして、今週金曜日の雇用統計がますます重要となるかもしれません。今の処、非農業部門雇用者数は、ハリケーン・サンディの影響もあって、僅か9万人増と予想されており、これが更に下振れる事となれば、ドル円反落につながるかもしれません。