9500円水準でのもみあいか、さらに一段高かはNYダウ次第

今週はNYダウ次第で一段高、もしくは9500円水準でのもみあいのどちらか
 先週の予測では、さらに円安推移となれば日経平均も9500円水準を試す可能性があり、そうでなければ利益確定売りからいったん調整したあとに9500円を目指すとしました。
 結果的には、11月26日(月)に9487円まで上昇後は利益確定売り優先となり、28日(水)にはNYダウ安と為替の円高への振れで利益確定売りから▼114の9308円の大幅下落となりました。しかし、すぐに反発して29日(木)は△92の9400円、週末の30日(金)は一時9492円と9500円にあと少しのところへ接近しましたが△45の9446円で引けました。チャートでは、6月4日の8238円からの上昇トレンド(B)の上値斜線で押さえられた形となっています。
 今週は、9500円を巡る攻防が想定されます。為替の円安基調が続きNYダウも上昇すれば、9600~9700円を目指す可能性がありますが、そうでなければ9500円近辺で一喜一憂の動きが想定されます。下値は9300円を想定、ここを切ると9150円水準。3日(月)は、前場は一時先物主導で9525円と4月25日以来の9500円台のせとなりましたが、その後は手がかり材料に欠け、上げ幅を縮小して△12の9458円で引けました。