3日のNY株式市場の概況 

 3日のNY株式市場は、NYダウが前週末比59.98ドル安の1万2965.60ドルと4日ぶりに反落した。また、ナスダック指数も同8.04ポイント安の3002.20と続落した。11月の中国製造業購買担当者景気指数(改定値)が50.5、10月の49.5から上昇したことで、朝方のNYダウは60ドル程度まで上げ幅を広げたが、その後発表された11月のISM製造業景況感指数が49.5と好不況の分かれ目とされる50を下回り、予想以上の活動の縮小を示したことで、「財政の崖」の景気への悪影響をめぐる懸念が強まった。素材株や小売株が売られた一方、パソコン大手のデルが急上昇するなどした。