<前場の注目銘柄>=NIPPO、公共投資拡大で活躍

 NIPPO<1881.T>に注目したい。株価は950円近辺の上値のフシ抜けで新波動入りを指向しており、ここは絶好の仕掛け場ととらえたい。1000円台での活躍が有望だ。

 同社は道路舗装・土木工事の最大手。アスファルト合材販売でも高い実績を誇る。自民党の政権復帰観測が強まる中、同党が選挙公約に掲げる国土強靭化計画による公共投資の拡大が想定されており、同社の活躍場は一段と広がることになる。

 震災復旧需要による豊富な手持ち工事に加え、工事進捗の順調やコスト削減効果で、13年3月期連結経常利益は前期比3%増の175億円と堅調な見通し。PBR0.6倍台の評価不足からも水準訂正に進む。